治療の必要がなくても!!包茎解消で前向きな人生を

包茎治療が必要ない場合

男性の生殖時に通常時、勃起時に皮が被っている症状を包茎と言いますが、男性のコンプレックスの原因の一つにも挙げられる事があり、デリケートなものです。包茎とは言っても生殖行為に問題がない事もあり、見た目の問題以外では清潔に保っていれば問題ない場合もあると言えます。しかし、それでも女性への積極性を失う要因にもなるものであるため、治療の必要がなくとも相談に行ってみるのも良いかもしれません。それにより、コンプレックスの解消につながるでしょう。

簡単な施術で解消できる事もある

勃起時にも手で皮を剥く事ができるレベルの包茎は、仮性包茎と言われる症状の場合もあり生殖行為に問題はないです。このレベルの治療においては痛みの少ない治療を行えるクリニックもあり、勃起時に綺麗に剥けた状態の生殖器を手に入れる事もできます。レーザー治療などの技術もあり、手術に対する不安がある方はこの治療方法を調べてみて手軽に行える事を知ると良いかもしれません。まずは状態把握が必要であり、カウンセリングだけでも受けてみると良いです。

すぐにでも手術が必要な場合も

包茎においては常に清潔にしておけば生殖行為において本人も相手の女性にも悪影響を及ぼす事なく、問題が少ない状態のものもあるでしょうが中にはすぐにでも手術が必要なものもあると言えます。勃起時に手で皮を剥こうとしても剥けない、剥けたとしても剥いた皮が生殖器を締め上げてしまい、それが危険な状態につながるような症状も存在するでしょう。このような場合には治療が必要と言え、すぐにでも病院に相談に行った方が良いです。

包茎手術は、健康保険が適用されるのでどの泌尿器科で手術をしたとしても料金は変わりません。約20,000~30,000円ほどで出来るので、手術をするか悩んでいる人でも安心して出来るのではないでしょうか。